詩へ高めたい自由律写生俳句⑵

2018年09月05日

写生俳句⑴

俳句づくりの耳にタコができるくらい聞かされる「主観・客観」のようです。しかも俳壇の流派や集団で言うことは異なるらしい。いやいや、私は「異なったらダメ」というスタンスに立たないが、誰もが句作していてどうして意思の疎通を図ろうとしないのかと想われて、私には不思議でならない。

芭蕉は江戸時代の人であれば現代の私たちとは観るも交わす言葉(= 表現)も異なるだろうし、だからと云って芭蕉の句は俳句でないと捉えるのは如何なものかと私には思われる。結局芭蕉の道の延長に子規があると捉えるのが私には自然に思われる。すなわち、芭蕉 ⇄ 写生 ⇄ 子規が私はいい。

そうするとこれに疑問視するプロの方は大勢いらっしゃるに違いない。この問題点は「芭蕉は写生したか、しなかったか」であれば、そこを検証すれば足るのですから(四の五の言わずに)私は私の都合のいい例句を引っ張りだすのみ。笑。それで幾つかを並べて比較・検討することにしたいと思う。

殆んどのプロの方はご存じの句だと思います。これ等は写生句か?そうでないか?それだけのことですから分りやすいでしょう?よろしければどなたでもご意見を賜りますれば有難くぞんじます。どなたにも異見が無ければ、私の説でOKと見なせるでしょう?差し支えなければよろしくどうぞ。 ( ´∀` )

❶古池や蛙飛こむ水のおと   芭蕉

❷閑さや岩にしみ入る蝉の声   芭蕉

❸下京や雪つむ上の夜の雨    凡兆(芭蕉)

❹柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺  子規

❺落椿投げて暖炉の火の上に  虚子

❻去年今年貫く棒の如きもの  虚子



abcd_tya at 07:45│Comments(0)‥the talk (恣) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
詩へ高めたい自由律写生俳句⑵